ナゾスクとは

ナゾスク(謎解きスクール)は謎解き問題を作る事を学びます。謎解き問題を作る過程で「主体性」「論理的思考力」「協調性」といった将来必ず役に立つスキルを育む事が出来ます。

問題作成には学校で習う、国語・算数・理科・社会の知識が欠かせない為、「自発的」に学校の授業に参加するようになります。

ナゾスクは「主体的に考える力」を育てるカリキュラムを用いた、受動的ではなく能動的な習い事です。

ナゾスクが育む3つの力

主体的に考える力

主体的に考える力

問題を作るには、自ら課題を見つけ、考え、解決する能力が欠かせません。謎解き問題を作る事で「主体的に考える力」を伸ばします。
論理的思考力

論理的思考力

実は謎解き問題はプログラミングと似ています。曖昧さや矛盾が許されないロジックの塊。その為、プログラミング教育と同様、「論理的思考力」を伸ばします。
コミュニケーション力

コミュニケーション力

ナゾスクではグループワークとして謎解きゲームも制作します。複数人で一つのものを作り上げる事で子どもたちの「コミュニケーション力」を伸ばします。

2021年9月開講を予定しています

ナゾスク講師紹介

トモ先生
海下智昭(かいげ ともあき)

現役音楽家の謎解きクリエイター。
声楽家・演出家としての活動の傍ら、幅広い世代への指導も行っています。
教員免許を所持し、小学校での勤務経験もあり。
わかりやすく、楽しい授業に定評があります。

トモ先生
トモ先生

こんにちは!ナゾスク講師の海下(かいげ)です。名前は難しいので、トモ先生って呼んでください!

出来立てほやほやの新しいスクールで、一緒に学ぶみんなと会える日が待ち遠しいです。
家族や友達の為にイベントを企画したり、クラスの仲間と一緒に勉強できる日を楽しみにしています。

日本初のスクール!第一期生を心よりお待ちしています!